2011年01月08日

“掌上の芸術”小品盆栽「雅 風 展」開催速報(第7報)

第36回 雅 風 展 開催速報 第7報

小品盆栽優秀作品の
表 彰 式

開催3日目(1月8日 土)、会場において映えある受賞者の表彰式がありました。
hyoushou.png

内閣総理大臣賞を受賞された渡邊 昇さんは受賞者を代表して挨拶され、“約6年前に黒松に出会ったのがきっかけになり小品盆栽の世界に入り、以来この黒松を中心に・・・。盆栽のおかげで家族との会話が増え、友人知人との交友が広がり・・・・。
今回の受賞を新たな出発のきっかけにしたい。”と抱負を述べられました。
naikaku.png CIMG2579.jpg

表彰式に出席した中で最年少の齋藤哲矢さん(32歳、盆栽暦5年)は3回連続で雅風展に出品し、昨年は京都市長賞、今年は日本盆栽大観展組織委員会賞を受賞されました。齋藤さんは3年前から所属支部の展示会から雅風展まですべての小品盆栽展に出品してきたとのことで、“今後もトップの賞を目指して頑張りたい”と抱負を語ってくれました。また、小品盆栽の魅力は、“気持ちが清らかになる、盆栽をやっている人は身も心も若い、年齢や経験を越えて同じレベルで付き合える”とのことです。
saitpusan.png saitou-03.png


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。